プロフィール

スタッフ

大阪の池田生まれの池田育ち。池田でお商売を初めて50年が過ぎました。60歳を向かえ新しい人生の始まりと・・・。体力が続く限り頑張ります!!!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2008年3月17日 (月)

『チアリーディングに見た青春真っ只中』

『チアリーディングに見た青春真っ只中』

先日、某大学の体育館で行われた、あるクラブの送別会のケータリングをさせていただきました。
あるクラブとは「チアリーディング」。はじける笑顔とシャープな技を融合したこのスポーツは、100年前に、アメリカでアメフトなどの応援から生まれ、今では競技として確立しています。
私自身も、このチアリーディングとは遠からずご縁があるのです。
私が母校、梅花学園の学校案内パンフレットに出た際、隣のページにチアリーディングの先生が載っていました。そして、今年は梅花学園のチアリーディングチームが見事日本一になったとの事! 聞いたときは、感動しました。
それだけではありません。私の友人の中には、60を越えてなお現役チアガールで空高くジャンプしている、永遠の乙女もいます! シニアの女性ばかりが集まったチアチームがあり(箕面自由学園ゴールデンベアーズ)、そこに所属しているのですが、骨粗しょう症もなんのその。短いスカートをはき、少女のような笑顔を振りまいています。
肥満で水中歩行をえっちら、おっちらとしている私にはなんとも羨ましい、眩しい…(笑)。

今回の送別会は、某大学にとっては、チアリーディング部記念すべき第一期卒業生ということで、卒業生はなんと3人! この3人が創部第一期生、現在の人数に育て上げたかと思うと、それだけで胸が熱くなります。
体育館に手づくりの映像が流れ、後輩たちが歌やジャズダンスなどで、先輩への思いを活き活きとパフォーマンスする姿が映し出されます。そして、一人ずつ、先輩に対する思いを語っていきます。
それを見ながら、涙するクラブ員達。すすり泣きではなく、号泣です!
泣き声が響き渡り、私もボロボロと感動の涙が止まりません。
私たちが数十年前にテレビで見たスポ根ドラマの美しさがそのまま、目の前にありました。青春真っ只中にある16~18歳の乙女の感涙に、スポーツを通してのみ得る事ができる素晴らしい「なにか」を感じずにはいられません。
「お仕事をしながら・・・頂ける感動」
を実感しました。
つまり商人冥利に尽きるとはこの事です。ケータリングを始めて、本当によかった! 本来なら出会えなかった人たちと会い、大切な時間をサーブできる幸せを噛みしめました。
大人数の華やかなパーティーも素晴らしいですが、こんなに一人一人がきっちりとコメント出来るきめ細やかなパーティーは、少人数だからこそ実現できたことです。
卒業生3人も、一生忘れないでしょう!
 その反面、大感動の中盤で、もしかしたら皆さん、涙のあまり胸が詰まってケータリングのお食事が残るのでは……という心配が頭をよぎりました。実は、
「体育会系のお別れ会だから、よく食べますよ」
とお聞きしていたので、普通より量は多めでした。
 普通の量でよかったかな?と思い
感動のセレモニーが終わったあと、私が声をかけました。
「みなさーん、ケータリングでお持ちしたものは残ったら捨てなくちゃいけないんです。よろしければ召し上がって下さーい」
再びビュッフェに戻ってきて、
「おいしー!!」
「これもおいしー!」
とまた食べ始めた乙女たち。
私の心配などどこ吹く風、残すことなく、料理を全てキレイに平らげてくれました(笑)。
 思いっきり感動し、涙し、思いっきり食べる。なんて気持ちのいい光景なのでしょう。
はちきれんばかりの若さに圧倒され、すがすがしい3時間でした。

最後に彼女たちが
「えびせーん!」
と大声で叫び、お開きとなりました。これはクラブのモットーなのだそうです。
「え」…笑顔と元気
「び」…日々の練習を大切に
「せ」…成功するまで何度でも
「ん」…やっぱ、チア最高!

では私も、この場を借りて、彼女たちの明るい未来をお祝いして、もう一度大声で叫びたいと思います。
「えびせーーーーん!」
瑞々しい大感動の時間を本当にありがとう!

2008年1月17日 (木)

謹賀新年


『謹賀新年』
皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。
さて、皆様はどんなお正月を過ごされましたでしょうか……。
私の今年のお正月は能勢の家に、4人の女性を招待しました。そして振袖、付け下げ…、ひとりひとりの個性に合わせて、家にある着物を着付けしてあげました。みんな、本当に華やかで美しく輝いていました! 
毎年正月の2日間は家族だけで過ごすのを慣わしとしている我家ですが、それを破っての異例なお正月となったのには2つの理由がありました。
私たちの店にバイトに来ていた一人の高校生の女の子から、
お正月にお節料理を食べた事がない、
初詣にも行った事がないと、
聞いてびっくりしてしまったのが発端です。
彼女はその年齢に合わず、昼夜問わず、働きづめの日々を過ごしていました。学費を親に返すためだといいます。我社のバイトを昨年の12月末で辞め、新しい土地に移り住む事になったのですが、私はそのままあっさりと、彼女と別れてはいけないと思ってしまったのです。
まず、お正月に着物を着て、みんなでお節料理を食べて…、そんな日本のお正月を体験させてあげたい!いや、私が体験させなければ、という気持ちがこみ上げました。彼女に限らず、今の若い子達の中には、家族全員でお正月を過ごしたことが無い、ファーストフードでお正月を迎えるという状況も多いと聞きます。その中で、「正弁丹吾グループ」に勤めた証として、彼女にはお給料や現場経験だけではなく、忘れかけていた日本の伝統をきちんと実感した思い出を一つでも多く持って、社会に出してあげたいと思ったのです。
もう一つは、彼女に素晴らしい才能の芽を発見したからです。
それは「書」です。左手で書くのですが、勢いのある素晴らしい字を書くのです。
私は、彼女の書を日本家屋(茶室)に飾り、彼女本人に自分が書いた書がどんな迫力を持つものか、自分の目で確かめさせたい、と思いました。そうすれば、自分の書の力を自覚し、さらには、本気で書家を目指してくれるきっかけになるかもしれない…。彼女の書にはそれだけ人を惹き付けるなにかがあるのです。いつか、私は才能の第一発見者として、自慢できる日も来るかもしれません(笑)

この写真を見て、彼女たちが将来、何かを大切な事を思い出し、励みになってくれる日があればいいと思います。私も、彼女たちのおかげで、日本がだんだん忘れかけている大切な伝統を再確認する事ができました。

そして又彼女たちの直属の上司である、多田厚子、多田舞子の姉妹も彼女たちと共に着物を着て、元旦の大切なひとときを過ごしてくれた事も良い大人になったものだと思いました。
そんな、温かいほっこりしたお正月ではじまった2008年。今年もいい事がありますように。

2007年10月24日 (水)

ケータリング!!万歳!!

『万歳!!ケータリング!!』
いよいよ、今年もあと2ヵ月となりました。
色々な事がありましたが、今年のヒットはなんといっても、ケータリング事業部ベストサーブが、2500人のケータリングを頂けるレベルになったことでしょう。
注文はWebをご覧になった方からのみ。それから口コミなどで伝わり、今ではこちらが驚いてしまうほどの大きな会社から発注が来るようになりました。ご注文でかかってくる電話番号の多くが03、つまり東京からなのです。
ケータリングは他の店舗のある飲食業と違い、初めてのお客様ばかりですから、ケータリングをお届けする会社の内容を瞬時に理解し、お料理の内容やディスプレイのアイデアを提案しなくてはいけないわけです・・・これほどスリリングな仕事は今まで経験した事がありません。
外車を取り扱う会社、大手家電メーカーなどなど、様々なイベントに携わらせて頂く機会が増え、いくつもの仰天エピソードが生まれました。
会場にとても賢そうな人がおられたので、お声をかけたら、NASAに就職が内定されていた人でびっくり! ということもありました。
家電メーカーのケータリングでは、その会社の商品をテーブルに飾り、キラキラと輝く美しい電気屋さんならではのコーディネートを行い大好評でした。

いろんな要望に応えてきて、改めて感じるのは、ケータリングとは、屋内、屋外問わず、如何なる場所でも、パーティーの場をその人たちに合わせた美しさに変身させるのがなによりも大切だ、ということです。ただの料理運びや飾り付けをするだけ、というレベルでは絶対に終わらせない、常に一つ上の感動を提供するつもりで行ってきたからこそ、現在の結果が出たのでは、と思います。
ベストサーブが常に意識しているのは、アメリカのカリスマ主婦マーサー・スチュワートさんのコーディネートスピリッツ。
コンセプトに合わせるのはもちろん、会場となる場所の風景、色彩を全て演出素材として捉え、「どうしてこんなにトータルの美しさが出るのか!!」
と、マーサは想像以上の空間を演出されるのですから、まさにベストサーブが目指すニューヨークスタイルのケータリングのあり方そのものといえるでしょう!
 
 さて、そんな中、思わず「ケータリング万歳!」と叫びたくなるような結婚式を行うことができました。
 なんと場所は古いキャバレー。新郎の職場ということで、そこが会場になったのですが、複雑なつくりの内装の中、2~300人というお客様の数が入るスペース、しっかり大きくディスプレイしなくてはいけません。 貧弱にならないために、多くの生花を美しく飾り(しかも頂いている花代は1万~2万円!)、新郎新婦、そして招待客が居心地よくイベントを過ごすことができるようスタッフで何度もアイデアを出しあいました。
結婚式という一生に一度の素晴らしいイベントを預かるのですから、身の引き締まる思いです!

そして成果は……。
一見にしかず。写真をご覧下さい!キャバレーという空間が逆に長所となり、鳥肌が立つような、心温まる結婚式が演出できたのです!
懐かしい故郷を思い出すような優しい内容に、感動というのは使うお金や規模と比例するわけではないのだなあ、と身に沁み、こういう場に立ち会えることの嬉しさ、コーディネートさせて頂く嬉しさは日本初のケータリングプランナー平川好子と致しましては本当に良かった!と胸が熱くなりました。
ただ、スタッフは本当に大変だったと思います。コース料理を運ぶ時、階段を転げ落ちないように必死だったり、暗い階段をカニ歩きでのサーブと特殊な内装ゆえの危険は常に伴っていましたから……。みんな、ご苦労様!(笑)

美しさと安らぎ、美味しさをいつでもお届けのケータリング。
≪いつでも≫ ≪どこでも≫ ≪お届け≫ がコンセプト!!で今年も暮れます。
年末年始は皆様ぜひ、ベストサーブで社内パーティ!ホームパーティ!を。
よろしくお願い致します!(笑)
いつでもお届けさせて頂きま~す。

2007年9月16日 (日)

美味探求の旅~北海道の巻~

美味探求の旅 ~北海道の巻~

本当に久々に、北海道に行ってきました。

この旅に出るということ、特に北海道という地に赴くことは、実は特別な思いと決意がありました。私は、ある理由から、北海道の地を踏むことを長年自らの中で封印していたのです。理由は、友人のお子さんが、大学卒業の記念に訪れた北海道で、乗っていた自動車が正面衝突事故に逢い、命を落とされたからです。彼女は元スチュワーデス、そしてご主人はパイロットというご家庭でした。わが子を失った悲しみで、彼女はその美しい髪の毛を全部剃ってしまいました。子どもが親より先に逝ってしまう悲しみは想像を絶するものです。その半身を失くしてしまったかのような、つらい姿を目の当たりにしていた私は、彼女の悲しみを共有はできないけれど、内緒で心の中で誓ったのです。
「私も、しばらく北海道には行くまいと。」

それから長い年月が経ちました。今回この地に行く決心をしたのは、JCでいつもお世話になっている先輩のHさんが私と会うたびに、
「君の店には、あの頃のにおいと勢いがないね」
とおっしゃいます。

 確かに私は25年前に「頓珍館」のオープン当初、日本全国の美味しいものをメニューに加えていました。例えば、隠岐島の鴫焼き、鹿児島のトンコツ、秋田のきりたんぽ、そして週に一回岡山からいわなまで取り寄せていました。


「もうすぐ人生は終わるけど、君は何を残す?そしてどう終わるの?」
「人生って、間に合えばいいんです。足りていればいいんです」よね、と。

 丁度、時期的に商売の方もそろそろ子どもたちにバトンタッチできるよう準備が整い、精神的に自分を見つめ直していたときでもありました。お店は長男、三男が、様々な場所で修行し、自身のオリジナリティと組み合わせ、ゆっくりですが歩み始めています。
そろそろ、私も残りの人生、Hさんのおっしゃる「足りていれば」の答えを出すために使ってみてもいい頃かもしれません。
北海道の封印も、そろそろ解いても良いだろう。食の現状を見に、全国行脚の旅に出よう……、そのような意味の旅の始まりでした。
今回の目的地は、北海道でIHを駆使し、観光客で常に店を賑わしている有名なバイキングスタイルの店「海商」。小樽にも店舗があるらしいのですが、あえて遠くにある銭函の店舗にお邪魔することにしました。
銭函の駅は、本当に天井から銭を入れる箱が幾つも吊ってありました。昔、北海道はニシンが押し寄せてきて、『ニシン御殿』と呼ばれるお家がたくさんあったほど栄えたと言います。その名残でしょうか……・

早速「海商」に向かい、店内に一歩入ると、所狭しと海の幸が並んでいて大迫力です! カニも種類豊富で北海道ならでは、という趣、確かに観光客が喜びそうな品揃えになっています。これを1980円で食べ放題なのですから、価格も良心的と言えるでしょう。
しかし、私は壁に大きく貼ってある言葉に、思わず箸を止めました。

「もったいない」(ノーベル平和賞に繋がった世界的に有名な言葉です)
おかわりは自由です
食べられる分だけ取り
食べ残しのないようご配慮下さい

驚きました。こういう当たり前のことをこのように大きくアピールしないといけない時代になったのか、と驚きました。

ふと、30年前に喫茶店を経営していたとき、
「トーストの耳は食べないで残しなさいよ」
と子どもに話している母親の言葉に驚いた事を思い出しました。
それから30年後の今、私たち人間による自然破壊により、食べものはあまる時代から倹約の時代へと移り変わってきています。
当時大量に押し寄せていたニシンも、今では獲れなくて大変なようです。
普段の生活はもちろん、私たちのような食ビジネスを営んでいる者にとっても、自然の恩恵無くしては成り立ちません。自分の力だけではどうにもならないのです。
長い間保ってきた自然のサイクルを、今から50年から100年の間という本当に短期間に近代の人間たちの文明により崩されている、という危機感は、「食べもんや」をしているからこそ、敏感に分かります。
最近の自然の移り変わりの変化、異常が素材の質、量に現れているからです。いよいよ、この「もったいない」の看板のように、私たち提供する側が、お伝えしていかないといけない時代になったのだ、と痛感し、コックレスやセルフ、ビュッフェスタイルと多岐に広がりゆく食産業の将来に対し、「どうなるのだろう、どうしてくべきだろう」と多くの事を考えた旅になりました。

そんな旅は始まったばかり
これからも続きます・・・・・・

2007年8月11日 (土)

お母さんの涙

7月末、弊社ケータリングスタッフの中心的存在の一人である、ありちゃんこと有住美香さんが結婚致しました。
私は、この結婚式は一生忘れることが出来ないでしょう。
それは、彼女のお母さんが、この日に合わせ自分の大切なものを注がれたからです。
・・・・・・それは「命」です。
彼女のお母さんはずっとガンと戦っておられ、抗がん剤治療を行われていました。そしてさらに厳しいステップの抗がん剤を投与しなければいけない段階にきていました。すぐに始めないといけない位お悪い状態のようです。
しかし、それを打ってしまうと娘の結婚式に出る体力がなくなってしまい、ベッドから起き上がれるかどうか、保障は出来ないとお医者様から厳しいお言葉を・・・。
「絶対に結婚式が終るまで、治療をずらしてほしいです」
と、医者の猛反対を押し切り、病気の進行よりもただただ「娘の結婚式」に焦点をあてて、その日を待たれたのです。
普通の生活をしていると、今日何があっても「明日に希望を持って」「明日があるさ」と余裕を持ち、立ち上がれます。しかし、こういう極限の状態で、娘の結婚式に出るという事を目標として今を生きるお母さんの気持ちを考えると、なんと母の愛は深いものか、と胸が詰まり、言葉が出ないほどでした。
ありったけの気力と体力でガンと戦いながら、7月末のこの日を待って、待って待ち続け、とうとう晴れの日を迎えました。その幸せや感動は私たちには想像もつかない程大きなものとして、お母さんの体を駆け巡っているのでしょう。その表情は、病気と思えないほど輝き、美しさに満ちておられました。
そして、そんなお母さんを見つめるありちゃん。彼女も女神のように綺麗でした。
山田洋次監督が、とある男優さんにお子様が誕生した際に送られたコメントで、「女の子を産み、育てるならば花のような子に育ててください」という名言があります。
一言で「花のように」と言いますが、母親がこう育てるには、一生をかけて無心に美しく育てることに焦点を合わせ、慈しみ続ける努力と覚悟が必要です。
彼女は、まさに花のように、優しく美しく育ちました。「お母さんのためなら何でも出来ます」と目にいっぱい涙をためて言い切るありちゃんと、病気治療より娘の晴れの場で娘の美しい姿を一目見れることを選ぶお母さん。
こんなに切なく辛い、母の愛を感じたお式はありませんでした。
そんな意味もあってでしょうか、式場が一つになって皆が彼女の幸せを喜んでいる一体感に包まれていました。
その中心でお母さんが娘の花嫁姿を見て、微笑んでいらっしゃる姿は神々しくすらあり、私は涙が止まりませんでした。


私の人生の理想として、まんが日本昔話の中にステキな一節があります。
「このじいさんとばあさんは、子宝に恵まれて最後には幸せに暮らしたそうな・・・」
「子宝に恵まれて」の一言には、子供を大切に愛情を注ぎ育ててきた歴史が詰まっていると思うのです。長い家族の歴史が・・・・・
彼女とお母さんはそれを見事に体現していて、なんと羨ましい、なんと素敵な関係を築かれたのかしら、と感動せずにはいられませんでした。
式の当日メッセージの中に一つの詩を入れさせて頂きました。
「お母さんの涙」という大好きな詩!!
心よりこのご家族の末永いお幸せを祈りつつ・・・
お母様のご健康も祈りつつ・・・


「お母さんの涙」

お母さんの涙を集めて 空へ放ったら
きっとお星様になるでしょう

お母さんの涙を集めて 海へ流したら
きっと桜貝になるでしょう

お母さんの涙を集めて 大地へこぼしたら
きっとかわいい花が咲くでしょう

お母さんの涙を集めて 子どもの心に注いだら
きっとかわいい子どもが育つでしょう

ひら川&頓珍館 池田駅前店 のサービス一覧

BEST OF MENU
ひら川&頓珍館 池田駅前店