プロフィール

スタッフ

大阪の池田生まれの池田育ち。池田でお商売を初めて50年が過ぎました。60歳を向かえ新しい人生の始まりと・・・。体力が続く限り頑張ります!!!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年9月 | メイン | 2008年1月 »

2007年10月

2007年10月24日 (水)

ケータリング!!万歳!!

『万歳!!ケータリング!!』
いよいよ、今年もあと2ヵ月となりました。
色々な事がありましたが、今年のヒットはなんといっても、ケータリング事業部ベストサーブが、2500人のケータリングを頂けるレベルになったことでしょう。
注文はWebをご覧になった方からのみ。それから口コミなどで伝わり、今ではこちらが驚いてしまうほどの大きな会社から発注が来るようになりました。ご注文でかかってくる電話番号の多くが03、つまり東京からなのです。
ケータリングは他の店舗のある飲食業と違い、初めてのお客様ばかりですから、ケータリングをお届けする会社の内容を瞬時に理解し、お料理の内容やディスプレイのアイデアを提案しなくてはいけないわけです・・・これほどスリリングな仕事は今まで経験した事がありません。
外車を取り扱う会社、大手家電メーカーなどなど、様々なイベントに携わらせて頂く機会が増え、いくつもの仰天エピソードが生まれました。
会場にとても賢そうな人がおられたので、お声をかけたら、NASAに就職が内定されていた人でびっくり! ということもありました。
家電メーカーのケータリングでは、その会社の商品をテーブルに飾り、キラキラと輝く美しい電気屋さんならではのコーディネートを行い大好評でした。

いろんな要望に応えてきて、改めて感じるのは、ケータリングとは、屋内、屋外問わず、如何なる場所でも、パーティーの場をその人たちに合わせた美しさに変身させるのがなによりも大切だ、ということです。ただの料理運びや飾り付けをするだけ、というレベルでは絶対に終わらせない、常に一つ上の感動を提供するつもりで行ってきたからこそ、現在の結果が出たのでは、と思います。
ベストサーブが常に意識しているのは、アメリカのカリスマ主婦マーサー・スチュワートさんのコーディネートスピリッツ。
コンセプトに合わせるのはもちろん、会場となる場所の風景、色彩を全て演出素材として捉え、「どうしてこんなにトータルの美しさが出るのか!!」
と、マーサは想像以上の空間を演出されるのですから、まさにベストサーブが目指すニューヨークスタイルのケータリングのあり方そのものといえるでしょう!
 
 さて、そんな中、思わず「ケータリング万歳!」と叫びたくなるような結婚式を行うことができました。
 なんと場所は古いキャバレー。新郎の職場ということで、そこが会場になったのですが、複雑なつくりの内装の中、2~300人というお客様の数が入るスペース、しっかり大きくディスプレイしなくてはいけません。 貧弱にならないために、多くの生花を美しく飾り(しかも頂いている花代は1万~2万円!)、新郎新婦、そして招待客が居心地よくイベントを過ごすことができるようスタッフで何度もアイデアを出しあいました。
結婚式という一生に一度の素晴らしいイベントを預かるのですから、身の引き締まる思いです!

そして成果は……。
一見にしかず。写真をご覧下さい!キャバレーという空間が逆に長所となり、鳥肌が立つような、心温まる結婚式が演出できたのです!
懐かしい故郷を思い出すような優しい内容に、感動というのは使うお金や規模と比例するわけではないのだなあ、と身に沁み、こういう場に立ち会えることの嬉しさ、コーディネートさせて頂く嬉しさは日本初のケータリングプランナー平川好子と致しましては本当に良かった!と胸が熱くなりました。
ただ、スタッフは本当に大変だったと思います。コース料理を運ぶ時、階段を転げ落ちないように必死だったり、暗い階段をカニ歩きでのサーブと特殊な内装ゆえの危険は常に伴っていましたから……。みんな、ご苦労様!(笑)

美しさと安らぎ、美味しさをいつでもお届けのケータリング。
≪いつでも≫ ≪どこでも≫ ≪お届け≫ がコンセプト!!で今年も暮れます。
年末年始は皆様ぜひ、ベストサーブで社内パーティ!ホームパーティ!を。
よろしくお願い致します!(笑)
いつでもお届けさせて頂きま~す。

ひら川&頓珍館 池田駅前店 のサービス一覧

BEST OF MENU
ひら川&頓珍館 池田駅前店